Makerathon | Makeblcokのイノベーションの源
Home » Makerathon

Makerathon

Makeblcokのイノベーションの源

Makerathonとは、24時間内にチームでDIYロボットを組み立てるMakeblockの社内コンテストです。限られた時間で指定されたテーマを基に、機械パーツや電子モジュール及びソフトウェアなどを利用して独創的なロボットを組み立てて実際に皆の前でデモを行います。

MakerathonはMakeblock社の最も重要なイベントの一つで、創造と共有というイノベーション精神を根源に持ちます。多くの人々がMakerathonを主催したり参加したりすることを通じて、アイデアと発想を実現させ、更にその面白さを味わえるように取り組んでいきます。

STEM Project Ideas

実際のテーマ及び作品

テーマ:音と光の影

STEM Project Ideas

マジック・ギター

マジック・ギターとは2穴ビーム、Aurigaメインボード及びライントレースセンサーで作られたギターです。5つのライントレースセンサーのうち、4つがドレミファソラシドを鳴らし、残りの1つは音量をコントロールします。AurigaメインボードにあるLEDで、ギターがキラキラ光ります。

レーザー・ソード

レーザー・ソードはmBot Rangerの拡張製品です。主にRJ25アダプターモジュール、ライントレースモジュール及び一体化されたメインボードが含まれています。ライントレースモジュールを手で触ると、ソード上にあるRGBライトとメインボードにあるRGB ライトが点灯します。さらに、メインボードの内製ジャイロスコープによって、レーザー・ソードがより面白く光ります。

テーマ:バイオニック

STEM Project Ideas

シャドウ・ウルフ

シャドウ・ウルフは獰猛なハンターです。頭と足にあるRGBライトの色はその時の気持ちを表しています。また、四輪駆動のため優れた運動能力があります。

STEM Project Ideas

スコーピオン戦士

スコーピオン戦士はとても強いです。8つのガトリング銃を備えているため、後ろからも猛攻をすることが出来ます。
メカナムホイールで全方向に向けて移動でき、陸上で一番強いハンターの1人であることに違いません。

テーマ:クリエイター

点字タイプライター

点字タイプライターはXYプロッター、プリンター及びMegaPiで作られています。自社開発の翻訳ソフトウェアを利用してPCで中国語や英語を点字に転換し、更にGcodeに転換してプロッターまで出力します。これより、目の不自由な方が読める点字が紙に表示できます。
*貴重なご支援をいただいたTencent Charity Foundationの黄 希彤様に心より感謝いたします。

STEM Project Ideas

旅行ガイドロボット

旅行ガイドロボットはMakeblockの機械パーツ、メインボード、モーター、カメラモジュール及びiPad等で作られています。超音波センサーでお客様の存在を検知でき、サーボで両手をコントロールして握手等をします。また、ライントレースセンサーを使ってお客様を案内したり、自己紹介をすることも可能です。それと同時に、頭部の伸び縮みパーツを使って多方位でも撮影が可能です。

開催沿革

2017.02
2017年年始Makerathon 
2017.01
少年Makerathon (中国のSoong Ching Ling Foundationと共同開催)
2016.08
26回目 Makerathon (Seeed Studioと共同開催)
2016.01
2016年年始 Makerathon
2015.06
国際Makerathon 公式大会
2015.05
Makerathon 公式大会 (南方科技大学と共同開催)
2014.09
8回目のMakerathon (Seeed Studioと共同開催)
2014.02
1回目のMakerathon