mBot Ranger | Makeblock - Global STEAM Education Solution Provider
mBot Ranger
多彩な組み立て方が可能なランドレイダー
mBot Rangerは、3種類の異なる形態に組み立てることができる、mBotの上級者向けの3in1ロボットです。Rangerは、組み立てからプログラミングによる制御の楽しさを通じて、子どもたちにSTEAM教育を提供いたします。また、入門編のロボットプログラミング学習を始め、段階的に問題解決能力を鍛えていくことができます。

mBot Ranger

多彩な組み立て方が可能なランドレイダー
mBot Rangerは、3種類の異なる形態に組み立てることができる、mBotの上級者向けの3in1ロボットです。Rangerは、組み立てからプログラミングによる制御の楽しさを通じて、子どもたちにSTEAM教育を提供いたします。また、入門編のロボットプログラミング学習を始め、段階的に問題解決能力を鍛えていくことができます。
3つの形態に変形可能。遊び方はあなた次第!
mBot Rangerは約100個の機械・電子パーツを含んでおり、オフロード走行するランドレイダー、バランスバード、三輪で高速移動するスピードドラゴンの3種類の形態に変形します。凸凹の大地、変化に富む競技場、様々なシーンにおいて、mBot Rangerはベストな形態で走行できます。

様々な地形で走破できるランドレイダー
クライミング、タンブリング、障害物回避など、高いオフロード性を備えています。さぁ、探検に出かけましょう!

スピードドラゴン
ハイスピードでの前進、スマートにライントレースが可能です。味方として一緒に戦いましょう!

バランスバード
俊敏で可愛いらしさと面白さを兼ね備える、子どもたちの良き遊び相手です。

複数の機能を持ち合わせているので、子どもの世界探索のパートナーに
mBot Rangerは光センサー、温度センサー、音声センサー、超音波センサー、ライントレースセンサーとジャイロセンサーを備えています。豊富なセンサーはデータ収集、ライントレース、障害物回避などの機能として使えます。子どもたちは、Rangerと一緒に南極大陸に上陸して、幅広い科学知識に触れることも可能です。
2018年2月、mBot Rangerはポルトガルとブルガリアの学生が南極での科学考察のデータ収集を行うサポートの任務を遂行し、無事帰還しました。
プログラミング学習はゲームベースで、段階的にミッションをクリアして着実なスキルアップを図ります。

Round 1 - コントロールを楽しめ!

プログラミングせずにRangerを制御するためには、2つの方法があります。①Makeblockアプリを立ち上げ、ワンクリックでリモコン運転、音声制御、描いた線を辿るなどの遊び方が可能です。②Makeblock Bluetooth コントローラでRangerを制御します。15のボタンと2のジョイスティックを加えることで、操作がより簡単に上達します。楽しい体験を通じて、子どもたちはRangerをより身近な存在に感じることができ、プログラミング学習への意欲も刺激します。

※Bluetoothコントローラは別途購入が必要です。     もっと見る >

Round 2 - ゲームベースの学習

mBlockはブロックベースの学習アプリで、ビジュアルプログラミングの知識をゲームの中で学べるよう設計されています。ガイド役のパンダさんは、子どもたちがRangerを制御してミッションをクリアし、よりプログラミングが学びやすいように一生懸命サポートします。

                                                                                     

60以上のミッションテーマ           ブロックベースのビジュアルプログラミングの学習          体験による達成感が得られる

Round 3 ビジュアルプログラミングの学習

さらに上級者向けのたスキルを学びたいですか?mBlock 5を試してみましょう!積木のようにドラッグ&ドロップでブロックを動かし、モジュールと組み合わせることで簡単にRangerを制御できます。更に、ワンクリックでArdunio C[1]コードプログラミングに切り替えることも可能で、段階的にスキルアップできます。RangerとPCのワイヤレス接続が必要な場合は、Makeblock Bluetoothドングルとの組み合わせで作成したプログラムを素早く確認できます。

※Bluetoothドングルは別売りです。      もっと見る >

「1」:Ardunio Cは世界中で広く使われているオープンソースのハードウェアArduinoをベースに設計されたプログラミング言語で、より複雑な開発が可能です。

プログラミング学習はゲームベースで、段階的にミッションをクリアして着実なスキルアップを図ります。

Round 1 - コントロールを楽しめ!

プログラミングせずにRangerを制御するためには、2つの方法があります。①Makeblockアプリを立ち上げ、ワンクリックでリモコン運転、音声制御、描いた線を辿るなどの遊び方が可能です。②Makeblock Bluetooth コントローラでRangerを制御します。15のボタンと2のジョイスティックを加えることで、操作がより簡単に上達します。楽しい体験を通じて、子どもたちはRangerをより身近な存在に感じることができ、プログラミング学習への意欲も刺激します。

※Bluetoothコントローラは別途購入が必要です。

もっと見る >

Round 2 - ゲームベースの学習

mBlockはブロックベースの学習アプリで、ビジュアルプログラミングの知識をゲームの中で学べるよう設計されています。ガイド役のパンダさんは、子どもたちがRangerを制御してミッションをクリアし、よりプログラミングが学びやすいように一生懸命サポートします。

  • 60以上のミッションテーマ
  • ブロックベースのビジュアルプログラミングの学習
  • 体験による達成感が得られる

Round 3 ビジュアルプログラミングの学習

さらに上級者向けのたスキルを学びたいですか?mBlock 5を試してみましょう!積木のようにドラッグ&ドロップでブロックを動かし、モジュールと組み合わせることで簡単にRangerを制御できます。更に、ワンクリックでArdunio C[1]コードプログラミングに切り替えることも可能で、段階的にスキルアップできます。RangerとPCのワイヤレス接続が必要な場合は、Makeblock Bluetoothドングルとの組み合わせで作成したプログラムを素早く確認できます。

※Bluetoothドングルは別売りです。

もっと見る >

高い拡張性で、アイデアを実現しよう!
Rangerのメインボードは10個の拡張ポートを備えています。100種類以上の電子モジュールと接続が可能で、多彩な機能を実現できます。子どもは拡張パッケージや500種類以上あるメーカープラットフォームの機械や電子部品を利用して、Rangerの多様な形態を構築できます。構築の中で、子どもはロボットを認識できます。そして、創造力を育てられ、アイデアを実物に転換できます!
  • メーカープラットフォームの500種類以上のパーツと組み合わせることができます
  • ArduinoとRasberry Piと互換性があります
  • レゴブロックと互換性があります

レーザーソード機能拡張ツールキット

mBot Rangerを自分だけのレーザーソードに改造し、映画のワンシーンを再現しましょう。

Variety Gizmos Add-on Pack

6つのmBotと2つのmBot Rangerの拡張キットです。Rangerの制御や外観がより豊かになります。

mBot Ranger作例:ひまわり、魔法の杖

発明家のためのセンサー機能拡張ツールキット

5つのmBotと2つのmBot Rangerの拡張キットです。豊富なセンサーは電子工学の学習に最適です。

mBot Ranger作例:だるま、オルゴール

子どもたちの仲間として一緒に成長しよう
Rangerは多種多様な形態で世界中の子どもたちに好まれています。体系的な教材と組み合わせることで親御様は子どもと一緒に探索ができ、課題をクリアしながら、成功の喜びを味わえます。さらに、子どもはMakeXという国際的なロボコンに参加できます。エキサイティングなコンテストを体験できるだけではなく、プログラミングやメカニカルな知識を深めることができます。チームワークや競争を通じて友情を得られ、健やかに成長できる一助になります。
組み合わせる教材は教室の授業にも最適です。特別なニーズがある教育者に対してMakeblockは教育計画のカスタムサービスを提供しており、よりよい教育のために工夫しています。
教育計画のカスタム:sales@makeblock.com