Welcome to Our Blog

Here are stories about Makeblock and You

「個別最適化された学びを実現する」特別支援学校におけるレーザーカッター活用事例

本記事は、株式会社LDFとMakeblock Japan株式会社の共催のもと行われた、情報通信総合研究所の平井聡一郎先生と埼玉県の特別支援学校の音楽科教諭の苅田先生による対談の内容をまとめたものです。なお、対談動画はこちらよりご覧いただけます。 1. 教科学習における教材  苅田先生をはじめ多くの先生方が、教育用レーザーカッター「Laserbox」を活用し、数学や音楽など様々な教科の教材を製作されました。教材の製作にあたり、アイデアや工夫されたことについて紹介していただきました。 ・音楽の教材...

小学校におけるレーザーカッターの活用【Laserboxワークショップ開催レポート】

 近年、学校や教育機関でレーザーカッターを活用する事例が増えてきました。本記事は、11月29日(日)に株式会社サカワのご協力を得て、株式会社LDFとMakeblock Japan株式会社が共催したLaserboxワークショップで紹介された、小学校の授業やクラブ活動でレーザーカッターを使った実践例や、「レーザーカッターを使った教育を広めていくには?」と題して展開されたディスカッション内容、レーザーカッター体験会の様子をもとに、開催レポートとしてまとめたものです。 1. 小学校図画工作での実践例...

デスクトップ型レーザーカッター「Laserbox」 個人向け販売を開始

 STEAM教育のソリューションを提供するMakeblock Co., Ltd(以下Makeblock、本社:中国深セン市、創業者CEO:王建軍)の国内販売代理店であるSB C&S株式会社は、Makeblock製のデスクトップ型レーザーカッター「Laserbox(レーザーボックス)」を、2021年1月12日より個人のお客さまにご購入いただける、SoftBank SELECTION オンラインショップでの取り扱いを開始します。 https://youtu.be/00zFay7QkOk...

中学校技術科のプログラミング:「計測・制御」と「ネットワークを利用した双方向性」の知識を生かしてmBotを活用した「問題解決ロボットシステム」の授業実習例

 2020年度より、小学校でプログラミングが必修化になりました。2021年度から全面実施される中学校の新学習指導要領には、「技術・家庭」の授業で扱う「D 情報の技術」で、「計測・制御のプログラミングによる問題の解決」に加えて、新たに「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミングによる問題の解決」が追加されます。...

幼児・児童向けプログラミングキット『mTiny』が知育ロボット賞を受賞!「BabyTech® Award Japan 2020 powered by DNP 大日本印刷」

Makeblockが提供する幼児・児童向けプログラミングキット『mTiny』が、「BabyTech® Award Japan 2020 powered by DNP 大日本印刷(以下 BTAJ2020)」で優れた知育ロボット商品に贈られる「BabyTech Award Japan 2020 知育ロボット賞」 を受賞しました。 本受賞において、mTinyの見た目の可愛らしさ技術力、遊びながらプログラミングの基礎が学べる点を評価していただきました。また、審査員から以下のコメントを頂戴しています。...

東京大学大学院 山内研究室主催の公開研究会「STEAM夜話 Vol. 3」参加者募集開始!

 Makeblockは、2020年4月より東京大学大学院 情報学環 山内研究室が行うSTEAM教育に関する研究を支援しています。本研究プロジェクトでは、STEAM教育の研究テーマとして、(1) STEAM教育の歴史・概念・実践の整理、(2) 日本の初等中等教育におけるSTEAM教育のカリキュラム的位置づけ、(3) STEAM教育・教材の評価方法の開発 の3つを設定しています。1点目において、まずSTEAM教育の源流であるアメリカの歴史について発表する公開研究会「STEAM夜話 Vol....